MENU

生理痛とそのほかの病気記事一覧

生理痛と膀胱炎の痛みは違います。生理痛は、腹痛や下から突き上げるような膣の痛みを感じます。生理が始まる前や生理が始まって出血している時の鈍痛はもちろんですし、排卵日にも痛みがあります。膀胱炎の痛みは、尿を出している時に感じる痛みです。そして残尿感を伴います。生理痛とは大きく違います。さっきトイレに行ったばかりなのに、何でまた行きたくなるなるのだろうと思う時、トイレへ行きたいのに、行っても尿が出ない...

生理痛の時、右側だけ痛いという経験がある人がいます。逆に左側だけが痛いという人もいます。生理が起こる仕組みを説明しましょう。大体月に一回、卵巣に卵子が成長し、子宮内膜がふくらみ受精卵を迎える準備を始めます。まず、卵子が卵巣から飛び出します。これが排卵です。卵子は卵管を通って行きます。子宮内膜はふかふかになり子宮で受精卵を待っています。しかし、精子が卵子と出会って受精卵となり、着床しなければ妊娠しま...

生理痛が重いという人の中には、うつ病を患っている人も多いということが指摘されるようになってきています。この疾患は、現代のストレス社会において誰がいつ罹っても不思議ではないといわれるほどメジャーなものになってきています。うつ病に罹った場合には、しっかりと休息をとって無理をしないといったことが重要であるといわれています。また、仕事をしている場合には、長期間の給食を行うことが治療のためには有効であるとい...

個人差がありますが、成人女性の多くが毎月やってくる生理に伴う症状に悩まされています。主な症状は、腹痛、腰痛、倦怠感、冷え、吐き気、下痢などです。この症状には体質による場合と、病気が潜んでいる場合があります。まず体質による生理痛の大きな要因は、プロスタグランジンという物質です。この物質は、生理の経血を体外へ排出するために、子宮が収縮するのを促進する作用があります。ですのでプロスタグランジンの量が多す...

パニック障害は、激しい動機や発汗や息苦しさや震えなどの症状があり、このままでは死んでしまうかもしれないと感じるほどの強い不安に襲われる病気です。この発作はパニック発作と呼ばれ、非常に厄介なものです。心療内科や神経科に行く事が最も良い対処法ですが、治療中に必ずしもこの発作が起こらないとは限らないので、本人には常に不安が付きまといますし、常に安心した状態で休める方が良いので、無理な外出などは控えるのが...

生理痛は個人差があります。しかし、生理痛を感じたことがない人はいないといってもいいほど、皆経験してるのです。生理が始まる前から身体に不調が出ます。眠気が襲ってきたり、異様に食欲が出たり、下腹部の違和感、痛みなど様々です。また、発熱が出る人もいます。風邪に似た症状と似ていたりするので、風邪なのか生理による不調なのかわからないという人もいます。しかし、症状が重い人でも、生理の時はいつもそうだからという...

生理痛は一般的に痛み伴う事が多いとされている現象ですが、ひどすぎる生理痛や激痛などには、子宮内膜症を患っている可能性があります。子宮内膜症とは、子宮内膜や、組織が、子宮内膜や子宮体部以外の骨盤内で増殖する病気です。患者数は世界で約890万人、日本の患者数は約12万人となっています。20%から70%の割合で不妊症を合併します。症状としては、月経の時以外でも、腰が痛む、違和感があることや、日常生活に支...

昨今、坐骨神経痛を患っている人の中に生理痛に困っているという人が多くいることが知られてきました。坐骨神経痛とは、MRIなどの精密検査では判別できないものの、何らかの理由によって坐骨神経が圧迫、刺激されることによって起こる痛みのことであり、神経痛の中では一般的によく知られているものとなっています。そのような坐骨神経は、腰から背中にかけて走っている神経であり、生理の時には坐骨神経のあたりに痛みを感じる...