MENU

生理痛の痛みとは記事一覧

私の生理痛との戦いの始まりは、高校生の時です。えぐられるような下っ腹の痛みと頭痛に襲われました。つらいときでは、トイレで気を失うほど辛い時もありました。そのときは鎮痛剤に頼ることしかできなく、薬を飲み耐えしのいでいました。心配になった母に言われ病院に行ってみると、子宮がもともと奥のほうにあるらしく、「子供を産むと楽になるよ」と言われ、痛くなると思ったら薬を飲みなさい。とアドバイスをいただきました。...

女性が生理痛でつらいとき、男性には理解できないので、どうしようもないことがあります。ですが、わからないから、といって、その痛みをないこととして扱うのは女性は困ります。男と女では体の構造が違うので、なかなか痛みを理解することはできないものですが、仕事のとき、プライベートなとき、どんなときでも働いている女性にも生理痛は起こるので、そのことは知っておくべきことです。男女の違いで生理痛のことはわからないか...

生理時の不快な症状に悩む人は、症状の差こそあれ多く存在すると思われます。生理痛の度合いには個人差がありますし、痛みの感じ方や表現の仕方も異なるので、千差万別と言えるでしょう。生理痛がひどい方の場合、鎮痛剤を毎回手放せない方や、寝込んでしまうほどの方もいると思われます。仕事をしている場合などは特に、上司の理解を得る場面も必要になり、症状や状態を理解してもらう事も大切です。一般的には軽度の場合でも、例...

生理痛も千差万別です。ほんの3日ほどで軽くすむ女性も居れば、中度で毎回痛み止めが手放せない女性、重度になると日常生活もままならず、点滴などが必要となる場合もあり、生理を男性が軽く考えることは女性の立場からいえば、由々しき問題でもあります。企業の中には生理休暇なるものを設けている会社もありますが、毎月の事の上、生理が何週にもおよぶ女性などもあり、その運用には課題が多くあります。女性だけの職場なら取得...

出産を経験した方の体験談で、陣痛は生理痛がもっとひどくなった感じ、という声をよく聞きます。それでは、生理痛はどのような痛みが、なぜ起こるのでしょうか。体質・冷え・ストレスなどが原因で特に病気が要因ではない場合と、子宮や卵巣に何らかの病気があるため痛みが出る場合があります。病気がある場合は月経初日から3日を過ぎても痛んだり、月経以外でも痛みが出ることが多いです。病気ではない場合は、月経直前から月経前...