MENU

生理痛の症状記事一覧

若い頃は筋肉痛もその日の内に症状が改善されたり足が疲れたり冷えたくらいでは足のむくみや腰痛になったりはしなかったものだが年齢を重ねるごとに冷えからくる足のむくみや腰痛そして生理痛も酷くなる一因とも言われている。まず筋肉痛は運動不足からとも言えるでしょう。適度な運動を心がければいいのだが歳を取ると、そうはいかない。特に30代40代は日々の忙しさにかまけ運動をする暇も余裕もない。50代以上になると少し...

女性にとって生理というものは非常に厄介なもので、毎月必ず生理による苦痛を感じなければいけません。煩わしい上、生理痛という最悪な症状まで出てきてしまうので、心身ともに負担がかかってきます。生理痛というのは、ただただ腹痛になるだけではなく、偏頭痛や吐き気、下痢、貧血などのさまざまな症状が出てくるものなので、生理痛がひどい方は、毎月地獄のような体験をしています。特に、社会人として働いている女性は、毎月の...

月経に伴い起こる症状に、生理痛があります。その症状は人それぞれですが、中でも多いのが、下腹部痛、腰痛、頭痛、イライラ、だといわれています。生理痛は生理の度に起こる事ですのでそれらとうまく付き合っていかなければならないのが現実です。痛みのある期間ですが、通常の生理であれば大体1週間程度で終わるものですが、痛みが強いのは、初日から3日目位の方が多いようです。その、痛みの原因として挙げられるのが、排卵後...

女性は赤ちゃんが産める体になったしるしとして、生理がきます。その生理なのですが、痛みを伴う場合が多々あります。もちろん、まったくない方もいらっしゃいますので全員がそうであるということではありません。さて、生理痛ですがいろいろな種類があり症状もさまざまです。子宮が活発に動くことによって、腸のあたりが刺激され、下痢になることがあります。また痛みと刺激によって吐き気をもよおすこともあります。そして、痛み...

生理痛と一言で言っても、症状は様々あります。頭痛、吐き気、眠気、腹痛・・・人によって、ほとんど痛みや不快を感じなければ、いくつもの症状を感じる人もいます。それに腹痛と言っても、お腹の中心が痛かったり、便意を感じる痛み、右下腹部痛など、細かく分かれたりもします。ここでは右下腹部痛について触れます。生理時には月経血の逆流があります。癒着や炎症があると、逆流した月経血は体内に吸収されず残ってしまいます。...

生理の時の出血量と、生理痛の程度には関係があるのです。生理の時は子宮内に溜まった毒素が経血として押し出されています。月に一度のデトックスのようなものですが、子宮の中に溜まった毒素が多ければ多いほど、それを排出する為に子宮は強い収縮を繰り返すことになります。その時に収縮を手助けする為のプロスタグランディンというホルモンが集まってきます。そのホルモンが多ければその分生理痛が強くなるということです。また...

生理痛がひどい原因のひとつに子宮内膜症があります。排卵後、子宮の中で受精卵を守るために内膜が厚くなってくるのですが、内膜の厚さが普通以上に厚くなります。卵子が受精しなかった場合には、その内膜がはがれて経血として排出されるのですが、多くの量の内膜を排出する為に子宮は強く収縮します。そのために生理痛がひどくなるのです。また内膜の増殖で大きくなった子宮が収縮するたびに、胃や腸も連動することで子宮の痛みだ...

女性にしかないものですが、生理痛というのは辛いもので、同じ女性でも症状の重い人と軽い人にもわかれるのですが、中には生理痛が全くないという人もいます。しかし世の中の女性のほとんどは不快感を持っていて、ひどい場合には立って歩くことが出来ないばかりか、吐いてしまう人もいるくらいです。女性特有の身体の構造なので、男性にはわからないものですが、出産の為にも必要とされる機能なので、生活の中では上手く付き合って...

生理痛にはいろいろな種類があります。腹痛や腰痛はもちろんですが頭痛も生理からくるものがあります。生理によって起こる頭痛の原因はエストロゲン(卵胞ホルモン)の分泌量が影響してきます。生理周期によってエストロゲン(卵胞ホルモン)とプロゲステロン(黄体ホルモン)の分泌量が増減します。卵胞ホルモンの分泌は排卵前にピークに達し、排卵後に急激に減少します。卵胞ホルモンが急激に減少することによって、脳内にあるセ...

毎月必ず訪れる生理によって、不快な症状に悩まされている女性が非常に多いです。症状もひとそれぞれ違ってきます。生理痛が酷すぎて、会社や学校を休むひともいますし、反対に生理痛が全くないひともいます。また経血の量も1番大きなナプキンでも1時間も持たないひとや、逆に経血が少ないひともいます。経血の量が多いとどうしても貧血になってしまい、立ちくらみやめまいも引き起こします。反対に経血の量が少ないひとは、冷や...

生理痛の症状といえば腹痛が一般的ですね。女性の方はこの生理痛に悩んでいる方も多いのではないでしょうか。もちろん腹痛以外にも様々な症状がありますが中には生理痛がない、という人もいます。痛みには個人差があるのでその辛さはなかなか万人には分かってもらえないものがあります。 さて、生理時は腹痛以外にも頭痛や寒気、といったものがあることを御存知でしょうか。生理時は体内から多くの血液が流れ出てしまうため、体が...

女性にとって、毎月必ずやってくる月経というのは、とても辛いものです。症状が軽い方ならそんなに負担はないかもしれませんが、生理痛が重い女性にとっては、本当に辛い毎日を過ごさなくてはならなくなってしまい、毎月月経がやってくる時期を苦痛に感じることもあるようなので、決して軽く考えられるものではありません。また、生理痛と言えば、お腹が痛くなるというイメージをお持ちの方が多いですが、生理痛は何も腹痛だけが症...

多くの女性が毎月悩んでいる生理痛ですが、この痛みは男性にはわからないもので人によっては歩けなくなるほどの痛みが伴う事もあります。まったく痛みを感じないという人がいる事もありますが、基本的には何かしらの症状で苦しむ事になり、しっかりと健康を維持しておかないととても厳しい状態になってしまいます。女性の排卵は毎月左右の卵巣から交互に卵子が出てきますが、その卵巣がかなり脇腹に近い位置にあるので整理の時には...

生理痛がひどく、生理の時にレバー状の血の塊が出る時は、ホルモン分泌の異常や子宮筋腫や子宮内膜症など子宮の病気がある事が考えられます。痛みが日常生活に支障をきたさない程度であれば特に問題は無いのですが、市販の鎮痛剤を飲んでも我慢できない程なら、病院で診察を受ける事を勧めます。昼間にナプキンを1時間ごとに交換しなければならない程の出血や、生理の時にレバー状の血の塊が出るのは、経血量が多い状態で、過多月...

成人女性ならば月に一度おとずれる生理。子供を産むために必要な体のメカニズムとして大切なものとわかっていても、わずらわしかったりつらく感じることがありますよね。それは生理痛をともなうことからもそう感じる人が多いのではないでしょうか。生理前後からおなかが痛くなってしまったり、また腹痛にとどまらず頭痛をかんじたり、ふくらはぎや太ももが痛いと感じる人も多いようです。それは体からのいろいろなサインの場合があ...

女性につきものの生理。月に一度訪れる生理は、生理痛などとさまざまな症状が現れます。人によって症状は違いますが多くに共通するのは「腹痛」「頭痛」「便通の改善」などです。今回はその中でも「便通の改善」について書いてみたいと思います。生理時に便通の改善がある人は、便秘気味の人が多いようです。そして、緩い便が生理の期間中に一度に排出され、下痢気味になってしまいます。これにはプロスタグランディンというホルモ...

生理中には時として、生理痛の症状と共に吐き気や震えなどを感じる症状が起こる事もあります。生理痛の痛みや、生理中のみに起こる吐き気や震えなどの症状が酷いようであれば、まず適切な場所として挙げられるのが、産婦人科です。レディースクリニックという表記の場所もありますので、そうした病院での診察をしてもらい、ホルモンバランスの事について教えてもらうなどをするのが良いです。しかし、ここで注意が必要なのは、産婦...

生理は、女性だけに毎月必ずやってくる現象で、これに伴い起こる生理痛で悩まれる方がたくさんいらっしゃいます。生理痛の痛みは、人によって異なり、軽度の痛みから重度の痛みの方まで幅広くいらっしゃいます。さらに、生理痛と聞くと、生理が始まったと共に始まるお腹の痛みの事を想像されがちですが、他の部分に痛みの出る方も意外と多くいらっしゃるのです。頭が痛くなったり、体全体が痛くなったり、足の付け根が痛くなったり...

皆さんが生理時に感じる身体の症状はどのようなものがあるでしょうか。人により症状は様々ですが、一般的に下腹部の痛み・腰痛・偏頭痛などがあげられ、それらは生理の何日目なのかによって症状や生理痛の重さも変わってきます。先に挙げた諸症状はあくまで一般的なものであり、いわゆる生理痛と言われるものは人によってそれぞれで中には全く生理痛というものを感じることも無い方もいるほどです。特に生理前後や最中には、無性に...

近年、抜け毛に悩む女性の中で、生理痛が重くて困っているという人が増加しているといわれています。抜け毛の原因としては様々なものがあるものの、女性の場合は家事や育児のストレスや睡眠時間の乱れなどが重なり合って脱毛につながっていることが多いといわれています。一方、生理痛が重くなる原因には婦人科疾患のほかにストレス、冷え性、遺伝的な体質、運動不足などが挙げられますが、抜け毛と生理痛の大きな原因にはストレス...

月経ともいう世の女性に月一である生理。これは、子供を産むために必要な準備であり大切な事です。が、しかし生理時の煩わしさは、多くの女性が感じてきた事でしょう。さらに下腹部の痛み等が発生する生理痛もあれば、本当に嫌なものになってしまいます。できるだけ生理痛を伴わないような工夫を、あれこれと試してみるのは、オススメです。生理の時に、下腹部が痛いという場合もありますが、腰痛がでてくる事もあります。これは立...

生理痛は女性として生まれたからには、ほぼ半生付き合わなくてはならない非常に大きな問題です。女性という性は子供を産むための機能として子宮が備わっているので、半ば強制的に背負わされた宿命でもあります。しかし生理に不快感を感じない女性もいたりして、非常に不公平感を感じずにはいられないものです。生理の主たる症状として、生理痛(主に下腹部痛)、肩こり・首こり、イライラ、不安感、眠気など書きあげたらキリがない...

月経は子供を産むたまに必要な体のしくみではあり、妊娠が成立しないことで子宮内膜がはがれ落ち、血液とともに体外に排出されます。その際にプロスタグランジンという物質が分泌され生理痛の原因となります。この物質の分泌量が過剰になると、子宮の収縮が過剰になり生理痛を感じやすいようです。10代などの若い女性の場合、子宮口が狭い為事が原因で、経血を押し出そうとして子宮の収縮が強まる為に、痛みを感じる事が多いよう...

女性は年代に関係なく低血圧の症状がみられる人が多くいることでも知られています。低血圧は通常血圧よりも多少低いくらいでは治療を行う必要性はほとんどないものの、低血圧によってさまざまな体の不調が起こることがあるため、あまりに長い間体調不良が続くといった場合には、内科や循環器内科などを受診することが望ましいといえます。血圧が低いことは、体全体に血液を送り込む力が弱いということにもなるため、身体のあらゆる...

生理中に起こる生理痛の感じ方や症状の現れ方というものは、人によって違うものです。中には下腹部の痛みを感じるだけではなく、下痢になってしまう方もいらっしゃいます。なぜ、生理中や生理前にこういった症状を起こしてしまうのでしょう。下痢になってしまうその訳は、生理中に分泌されるプロスタグランジンというホルモン物質にあります。プロスタグランジンとは、子宮の筋肉に働きかけ、子宮を収縮させる作用のある物質です。...

女性は、生理前から身体にいろいろな症状が出ます。しかし、個人差はあります。生理が近づくと眠気に襲われたりします。これは、黄体ホルモンと呼ばれる眠気を引き起こすホルモンを多く分泌するためです。そのため、寝ても寝ても異常なくらい眠気がするのです。この眠気は自然なものです。しかし、生活習慣が乱れることで、より強い眠気に襲われるようになってしまいます。そのためには、規則正しい生活を心がけるようにすることが...

生理痛は女性である以上宿命づけられたもの。もちろん千差万別で、軽くすんで、あまり不快感を感じずに過ごせる人もいれば、寝込んでしまうほど症状が重い女性もいるのです。日にちも3日程度の人もいれば、1週間、それ以上で、生理の度重度の貧血に見舞われたりと一言では片付けられない問題です。しかもそれが人生の半分続くのだから、女性の人生も楽ではないのです。その症状の多くが、下腹部の痛み・肩こり・吐き気などである...

近年、様々な理由から生理痛に悩む女性が増加していますが、そうした女性の中に残尿感があるという人が散見されます。残尿感とは、一度尿を出し切っているのにもかかわらず、膀胱や尿道内にまだ尿が残っているような感じがする症状のことをいいます。女性にとってはこうした残尿感を抱えている人が多いといわれていますが、その原因として様々なものが知られています。たとえば、一番メジャーなものとして膀胱炎があります。膀胱炎...

生理痛は女性ならばかなり多くの方が経験のある痛みの一つだと思われますが、経験した方は多いとはいっても、その症状はまさに千差万別で、女性が10人いれば10通りの痛みがあると言ってよいと思われます。その痛みの強さにしてみても、感じ方はそれぞれであるため、なかなか伝わりにくい痛みであると言えます。では、一般的に認知されている生理痛というのがどのようなものかと言えば、おへその下、下腹部を中心とした鈍痛で、...