MENU

生理痛の原因記事一覧

生理痛は人によって痛みの程度が全く違いますが、毎回ひどい痛みや不快感を感じる方には本当に困った問題ですよね。そもそも生理痛はなぜ起こるのでしょうか。原因としては主に4つの事があげられます。まず1つ目に、プロスタグランジンと言う物質の影響があります。プロスタグランジンは生理中に分泌される物質の事で、子宮を収縮し、経血をスムーズに体外に出すために必要な物質です。このプロスタグランジンの分泌が過剰な人は...

生理痛の原因は便秘も原因になったりしています。便秘によって腸内に宿便が溜まってしまっていることでガスが発生してしまうのです。ガスがあったりするとそのせいで生理中になってくるといつも以上にお腹が張ってしまうので生理痛もよりひどくなってしまうわけなのです。日頃から便秘ばかりをしている人だと便秘が原因になってしまうので便秘はそのままにしておかないできちんと解消することが大事なのです。生理の前にはしっかり...

生理痛に悩む女性は多いと言われていますが、主な症状としては腹痛の他にも腰痛、頭痛などがあり、程度も個人により差があります。多いのが腹痛ですが鈍痛のような重い感じで形容される痛みをうったえる場合が多く、ひどい場合は吐き気や寒気、めまいを伴うこともあります。ダルさや眠気が起こる場合もあり、鎮痛剤が効かないほどの痛みになると横にならなくてはならず、日常生活に支障をきたします。生理痛の原因としては、冷え性...

生理痛が強い人の多くは腰痛があります。その原因はホルモンと骨盤の歪みにあります。人間の体には背骨があり、背骨には骨盤、肩甲骨、頭蓋骨の3つがついています。その中の骨盤は1つではなく左右対称の骨が背骨に合体しています。この左右の骨盤の合体している部分は仙腸関節と呼ばれます。仙腸関節が緩んで来ると、足の血液や体液の循環が悪くなり足が冷え、無菌で太くなり腰痛を引き起こします。さらに症状が進むと坐骨神経痛...

生理痛には個人差がありますが、ひどい人の場合には、鎮痛剤を飲んだり日常生活に支障がある人も少なくありません。ほとんどの人が一度は生理痛を感じたことがあると言われていますが、その中でも半数近い人が生活に支障を感じています。ところが生理痛がひどい事が原因で婦人科を受診して治療する人は、ほとんどいないといわれています。しかし鎮痛剤を飲まないとおきられない人や日常生活に支障がある人の中には、実は病気が隠れ...

次の生理予定日の2週間前くらい前から、生理が始まるまでに感じる生理痛は、月経前症候群と呼ばれており、月経が始まってから感じる生理痛とは原因が違っています。どういうことなのでしょう。一般的に月経が始まってから感じる生理痛の原因は、子宮の収縮作用のあるプロスタグランジンという物質の影響によるものとされています。プロスタグランジンが何らかの原因により過剰に分泌されることで、収縮が強まり、痛みを引き起こし...

生理痛については、なんらかの症状に悩まされた事がある方が多いと思います。程度には差がありますし、痛みの感じ方も個人差がありますが、症状としては下腹部の痛み、腰痛がある、頭痛があるなどです。生理痛以外でも、イライラして精神的に不安定になるなど不快な症状に悩まされている人は多いことでしょう。鎮痛剤を飲んで収まる場合や、鎮痛剤の利用頻度が低いという場合は、正常である事の方が多いようですが、日常生活に支障...