MENU

生理痛の頻度や日数の関係記事一覧

生理時の体調の変化は女性なら誰でも体験することです。お腹に鈍痛を感じる、たまに激痛になる、眠気に襲われる、軽いウツ状態になるなどさまざまなことで悩まされます。中でも、生理痛を2ヶ月に1回の割合で感じる人は多いようです。一年中どの季節でもこの割合なのは何か理由があるのでしょうか。それは二つある卵巣から毎月一つづつ交代に卵子が出てくる仕組みが関係しています。片方の卵巣からの排出の時に限って激痛がある場...

生理痛の症状は人それぞれなのですが、1週間前から精神的に落ち込んでしまったり、イライラしたりとメンタル面に影響がでているのもその症状だったりもするのです。イライラしたり、気持ちが不安定になることが増えてくるともうすぐというサインだったりもするので割り切れば、楽になれるのですが、楽しいことをしたりと気分転換をするのも有効だったりします。そのほかにも1週間前くらいになると急にお腹が痛くなったりすること...

生理になって一日目よりも二日目の方が生理痛がひどいという人は多いということですが、それは一日目よりも体がむくんだり、熱をもったように感じることもあり、体に変化があるからではないでしょうか。一日目と二日目の両方痛いというひとや、ずっと痛みが続く、という人もいます。生理痛の痛みは冷えが原因になっていることが多いので、まずは体を冷やさないようにすることが大切です。おしゃれで肌を露出したり、冷える服装をす...

一般的に、生理痛は四日目位から、段々と軽くなるようです。しかし、中には1週間程、生理痛が続く場合もあるので、症状は人それぞれです。起き上がれない程の痛み等、生活に支障をきたす場合は何らかの病気が隠れていることがあるので早めに専門医を受診する事が大切です。自分は生理周期が何日なのか、生理が始まった日と終わった日も、手帳などに記入して管理することも大切です。病院を受診する時には、必ず聞かれることです。...

生理痛がすごく激痛なうえに出血の量も本当なら徐々に減っていくので五日目くらいになれば、ほぼ出血がないものなのに全然、生理による出血量も生理痛の痛みも日が経っているのになくならない人もいます。長引く人は通常、一週間程度で出血も収まって生理も終わるものなのに一週間以上出血が続いてしまうこともあるのです。ダラダラと出血が途切れることもなくて、血が出ているだけというなら病院へ行く必要も出てくるのです。血が...

平均的な生理の周期は、28日から30日と言われていて、生理期間は3日から7日の間と言われています。1日目は、茶色っぽいかんじの血液で、2日目からは、鮮やかな血の色となります。4日目頃からは、血液の量が減少していきます。痛みは本来であれば無いのが普通です。しかし、現代はたいがいの人が生理痛があるといいます。それは、食事が変化してきたことや、冷えが原因だと言われていて、改善方法は、食事や、温めることが...