MENU

生理痛で五日目でも出血の量が減らない症状

スポンサーリンク

生理痛がすごく激痛なうえに出血の量も本当なら徐々に減っていくので五日目くらいになれば、ほぼ出血がないものなのに全然、生理による出血量も生理痛の痛みも日が経っているのになくならない人もいます。
長引く人は通常、一週間程度で出血も収まって生理も終わるものなのに一週間以上出血が続いてしまうこともあるのです。
ダラダラと出血が途切れることもなくて、血が出ているだけというなら病院へ行く必要も出てくるのです。
血がダラダラと止まらずに出てきてしまうことで深刻なのが貧血なのですが、極度の貧血になっていたりすると生活にも支障がでてきてしまうのでそこは貧血の症状を改善するなどしてみるのが効果的です。
鉄分を補うことです。

スポンサーリンク

終わりかけになってくると出血で今までは赤い経血が出ていたのにそれがいきなり、茶色くなってきてしまうこともあったりするのですが、女性にはよく見られる症状です。
茶色い出血が見られた上に塊まで出てきてしまうなどとそういう場合には何か婦人系の病気にかかってしまっている可能性もより高くなってきてしまうのです。
自覚している症状があるなら、婦人科をかかったりすると病気の検査もできるので早期に病気を見つけることができるのです。
茶色くなったり、塊になって出てきてしまったりするのは終わりかけになってくるときには体の中に残ってしまっていた経血が終わりかけで出ている場合もあるのです。
必ずしも病気というわけではないです。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加