MENU

生理痛のほかに貧血や下痢、冷や汗の症状が現れる場合があります

スポンサーリンク

毎月必ず訪れる生理によって、不快な症状に悩まされている女性が非常に多いです。
症状もひとそれぞれ違ってきます。
生理痛が酷すぎて、会社や学校を休むひともいますし、反対に生理痛が全くないひともいます。
また経血の量も1番大きなナプキンでも1時間も持たないひとや、逆に経血が少ないひともいます。
経血の量が多いとどうしても貧血になってしまい、立ちくらみやめまいも引き起こします。
反対に経血の量が少ないひとは、冷や汗がでるほど生理痛がひどいことが多いです。
また生理前は便秘になり、生理が始まったとたんひどい下痢に悩まされるひとが多く見られます。
いずれも2〜3日で症状が収まりますが、当人にとっては耐え難い辛さです。

スポンサーリンク

辛い生理痛と上手く付き合っていくには、なるべく生理中でも痛みや辛さから気をそらすことが大切です。
ある程度の年齢になるまでは必ず付き合わなければならないと割り切って趣味に没頭したり、好きなものを食べたりしてリラックスして過ごすようにします。
冷たいものを取りすぎると、下痢の症状を悪化させますから、なるべく温かいものを食べたり飲んだりするようにします。
また生理中は誰もが貧血気味になりますから、いつもより鉄分を多めに摂取して、立ちくらみや貧血などが起こらないようにします。
プルーンには鉄分が豊富に含まれていますから、1日に4〜5個くらい食べるといいです。
生理中は体重が増えた気がしますが、生理後にまたすぐ元の体重に戻りますから、きちんと栄養をとるように心がけます。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加