MENU

生理痛にブルーベリーが効果あるのを知っていますか

スポンサーリンク

ポリフェノールがブルーベリーや赤ワインに含まれていることは、すでに多くの人に知られるようになった周知のことです。
 ポリフェノールが抗酸化作用を持って、老化防止や美肌を作ることに一役担っていることはいかがです。
 女性は生理痛がひどい日には、家に閉じこもってじっとしていたいところですが、現代社会ではそうもいかないのが現実です。
 女性の多くが社会への進出を果たし、そう簡単には休暇もとりづらいのが現況なのです。
 確かに鎮痛剤を服用すれば、痛みは抑えられます。
 しかし、鎮痛剤は一時的に痛みを抑えてはくれますが、それは永久的なものではないのです。
 したがって、薬の効果がきれればまた嫌な生理痛に襲われてしまいます。
 これでは、キリがないです。

スポンサーリンク

 ならば、せめて痛みを緩和させる方法はないのかと、考える方もいらっしゃいます。
 ポリフェノールには、生理痛を緩和してくれる効果があるということなのです。
 ブルーベリーがアントシアニンを多く含んでいて、目に良いとされていることは以前から知られています。
 そして、ブルーベリーは多くのビタミン群と鉄を含んだミネラル類も多い食品でもあります。
 ビタミンCと鉄分を一緒に摂取することにより、鉄分の吸収率は上がるので、貧血症対策にもなるのは間違いがないです。
 また、ブルーベリーにはカルシウムも、含まれているのですがこのカルシウムが子宮の粘膜を守ってくれる力があるのです。
 ブルーベリーに、こんなに色々な栄養素があることも以外でしたが、こんなにも体に良い食べ物であることは、もっと以外です。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加