MENU

生理痛緩和に効果のある食品、プルーン

スポンサーリンク

生理痛は一人一人程度は違いますが、女性なら経験しなければならない辛いものです。
なんと生理痛を引き起こす原因になっているプロタグランジンというホルモンは、陣痛を起こすホルモンと一緒なんです。
赤ちゃんを外に押し出すために子宮を収縮させるのと同じように、経血を外に押し出すために子宮が収縮されます。
その収縮の痛みが生理痛です。
人によって痛みの度合いが違うのは、このホルモンの分泌量が人それぞれ違うためで、痛みがひどい人は分泌量が多いことが分かっています。
痛みがひどい場合は子宮内膜症などの病気が潜んでいることもあるので、婦人科を受診する必要があります。
病気が原因でない場合は、プロタグランジンの分泌量が多いと考えられます。
その場合は、婦人科で鎮痛剤や漢方を処方してもらい改善していくことが出来ます。

スポンサーリンク

また、血行が悪いと痛みがひどくなってしまいます。
そのため冷え性の人には生理痛がひどい人が多く、温めると痛みが和らぎます。
おなかや腰にカイロを貼ったり、血流を良くするためにストレッチをするのも効果があります。
食べ物にも生理痛を改善する効果のあるものがあります。
特にお勧めなのは、アーモンドとプルーンです。
ビタミンEはホルモン分泌作用と血行促進作用があり、アーモンドはビタミンEが最も多い食べ物なのです。
そして、赤血球のヘモグロビンを作る鉄分が足りなくなると貧血や生理痛につながるので、鉄分を補給するためにプルーンを食べると良いでしょう。
プルーンの旬は夏ですが、いつでもドライフルーツや濃縮液で手軽に食べることが出来ますよ。
逆に生理中に良くない食べ物は、体を冷やしてしまう食品です。
アイスクリームなど冷たい物は勿論ですが、紅茶・コーヒーなどのカフェインも体を冷やすので、痛みがひどい時には控えましょう。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加