MENU

酷い生理痛に悩むならベジタリアンになってみる?

スポンサーリンク

生理痛のつらい日というのは、それだけで1日が鬱々としてしまいます。
生理痛の原因というのは様々です。
例えば骨格の歪みもそうですし、冷えなども影響するそうです。
生理の経血というのは、文字どおり「血」です。
つまり、前回の生理から今回の生理までの食事が少なからず影響しているはずです。
ということは、食事内容によって経血の量や質が変わるということもあり得るのではないでしょうか。
それに関して自分なりに調べてみました。
生理痛の原因というのは、ホルモンの見地から考えると女性ホルモンである「エストロゲン」が影響しているそうです。
そして、そのエストロゲンの好物とは、脂肪なのだそうです。
つまり、脂肪分の多い食事を摂っていると、エストロゲンが増え、生理痛も酷くなるということになりますね。

スポンサーリンク

脂肪分の多い食事と言ったら、焼き肉などの肉料理、乳製品が一番に浮かびます。
動物性食品です。
植物性食品でも、美容に良いと言われるアボカドやナッツも脂肪分が多い食品です。
生理痛というのは様々な要因がありそうですから、食事だけでなんとかなる方だけではないとは思いますが、悩んでいる方は食事内容を見直してみると良いかもしれません。
私自身はそこまで酷い方ではないと自負していますが、例えば友人などは痛すぎて嘔吐してしまうそうです。
そうなると日常生活に支障が出てきますので、対処が必要です。
ベジタリアンの方の生理はどうなんでしょうか。
気になるところですね。
ベジタリアンの中にも、お肉のみ排除している方、お魚は食べているとか、動物性食品はすべてNGの方もいます。
いろんな食生活の方を比較してみたら面白いかもしれません。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加