MENU

生理予定日2週間前から感じる生理痛の原因

スポンサーリンク

次の生理予定日の2週間前くらい前から、生理が始まるまでに感じる生理痛は、月経前症候群と呼ばれており、月経が始まってから感じる生理痛とは原因が違っています。
どういうことなのでしょう。
一般的に月経が始まってから感じる生理痛の原因は、子宮の収縮作用のあるプロスタグランジンという物質の影響によるものとされています。
プロスタグランジンが何らかの原因により過剰に分泌されることで、収縮が強まり、痛みを引き起こします。
一方、生理予定日2週間前から感じる痛みの原因は、女性ホルモンの1つである黄体ホルモンが原因であるとされています。
この黄体ホルモンは排卵後に増加し、受精卵が子宮に着床することなく、生理が始まると減少していきます。

スポンサーリンク

この黄体ホルモンバランスの影響により、良いバランスで保たれてきた自律神経のバランスが崩れ、その結果、だるさや頭痛、肩こりなどの不調を引き起こします。
精神的にもイライラしてしまいやすく、また下半身のムクミなども起こってしまいやすい傾向にあります。
月経前症候群はPMSとも呼ばれているもので、多くの女性が経験しているものになります。
月経前症候群の改善・対策方法にはいくつかのものがあります。
簡単に自宅ですぐに出来る方法としては、食事法があります。
日頃からビタミンやミネラル豊富な緑黄色野菜や魚介類といった食材を積極的にとり、カフェイン類といった刺激物を控え、体を整えましょう。
入浴や運動をして冷えない体を作るようにするのも効果的です。
ガマンせずに出来ることから始めてみましょう。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加