MENU

生理の際の便意と便通の改善・生理痛への対応

スポンサーリンク

女性につきものの生理。
月に一度訪れる生理は、生理痛などとさまざまな症状が現れます。
人によって症状は違いますが多くに共通するのは「腹痛」「頭痛」「便通の改善」などです。
今回はその中でも「便通の改善」について書いてみたいと思います。
生理時に便通の改善がある人は、便秘気味の人が多いようです。
そして、緩い便が生理の期間中に一度に排出され、下痢気味になってしまいます。
これにはプロスタグランディンというホルモンが関係しています。
生理中には子宮を収縮するこのホルモンが排出されます。
それが、腸も一緒に収縮させるのです。
ホルモンの作用による排便なので、便意のサインである腹痛が少なく、腸炎による下痢のような痛みが少ないのも特徴の一つです。

スポンサーリンク

ただ、下痢症状がひどい場合は強い腹痛を伴う場合があります。
あまりにもひどい場合には腸の動きを鈍くする下痢止めや痛み止めの薬を服用しましょう。
毎月ひどい下痢がある場合には自己判断はせず、必ず病院を受診し、医師の診断を受けましょう。
生理中の症状はホルモンバランスを整えることで症状が改善することが多いです。
医師の指示を仰ぎながらホルモンバランスを調整することで毎月の生理が快適に過ごせる場合もあります。
自分でできることとしては、生理中には身体、特にお腹を冷やさない、これが大切です。
飲み物を常温〜温かいものにする、腹巻を付ける、冬場ならお腹にカイロを張るのもよいでしょう。
お腹を温めると、痛みが和らぐことがあります。
様々な対策で、毎月の憂鬱な季節を快適に過ごしましょう。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加