MENU

生理痛の原因 ホルモンバランスを整える

スポンサーリンク

生理痛に悩む女性は多いと言われていますが、主な症状としては腹痛の他にも腰痛、頭痛などがあり、程度も個人により差があります。
多いのが腹痛ですが鈍痛のような重い感じで形容される痛みをうったえる場合が多く、ひどい場合は吐き気や寒気、めまいを伴うこともあります。
ダルさや眠気が起こる場合もあり、鎮痛剤が効かないほどの痛みになると横にならなくてはならず、日常生活に支障をきたします。
生理痛の原因としては、冷え性で血流が悪い事、子宮の収縮が強い場合などがあるようです。
その他の要因として、生理不順や生理痛の原因としてあげられるのが、ホルモンバランスの乱れです。
ホルモンの量が多いと子宮が必要以上に収縮する事から生理痛が起こりやすいと言われています。

スポンサーリンク

生理痛の軽減としては、身体を温める事や、鎮痛剤を上手に活用する事などがあげられます。
ホルモンバランスの乱れは生理痛だけでなく、イライラする、怒りっぽいなどの精神的な面や、便秘・冷え性・肌荒れ・むくみなども引き起こすので、バランスを保つ事は非常に重要です。
ホルモンバランスを整えるにはストレスをなるべくなくしていくよう意識をする事が大切です。
更に、下半身の冷えは、痛みの原因となるプロスタグランジンの異常な分泌に繋がります。
ホルモンバランスを乱す原因となるので、日常生活で常に冷え対策をしておくことは女性にとって大事な事なのです。
痛みがあまりにもひどい場合は一度診てもらう事をお勧めしますが、辛い痛みを軽減して快適に日常生活を送るために日々出来る事は沢山あるのです。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加