MENU

生理痛はホルモン治療で治す

スポンサーリンク

女性は、子供を妊娠し、体内で育てるために栄養を常に蓄えています。
しかし、ずっと体内に蓄えておくことができないため、月に一度のペースで体外に排出されます。
これを生理と言い、全ての女性に共通して起こります。
その際、体は健康であっても、頭痛や吐き気、腰痛、腹痛などの症状が発生することがあります。
これを生理痛と呼び、その症状の度合いや内容は人によって違います。
逆に、痛みが全くないという人もいます。
このような生理痛が起こる原因はいくつかありますが、中でもホルモンバランスが大きく関わっています。
このホルモンバランスの乱れには理由があり、例えば不規則な生活や睡眠不足、偏った食事、ストレスなどが影響しています。

スポンサーリンク

したがって、まずはホルモンバランスを整えるために、生活習慣や食事を見直す必要があります。
しかし、それでも生理痛が治らないという場合は、ホルモン治療という方法があります。
ホルモン治療とは、足りなくなったホルモンを補って、生理周期を規則正しくすることです。
具体的には、ホルモン注射や、漢方などを使った東洋医学による療法が挙げられます。
このような治療を受けたい場合は、病院ならば婦人科が専門家になります。
病院以外ならば、市販の漢方を購入したり、整骨院など東洋医学による治療を行っているお店に行く必要があります。
病院ならば、保険が適用されますが、病院以外ならば保険適用外になるため、費用は事前に確認しておいた方が良いです。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加