MENU

生理痛にはメリットはあるのでしょうか

スポンサーリンク

個人差はあれ女性の多くが抱えていると思われるのが生理の悩みです。
特に生理痛は痛みが重度の場合や薬が手放せない位にひどい場合は、とても深刻な悩みになります。
一般的には病気ではないという認識から、男性や生理痛がない女性には中々その辛さを理解してもらえず、ただ我慢するだけの女性も多くいる事でしょう。
それほど辛い痛みを抱えている人には、生理痛にメリットなどないと思う方もいるでしょうし、子供を望まない方の場合は、生理自体がうとましく感じられる瞬間もあると思われます。
しかし、近年子宮内膜症や子宮筋腫などの病気の割合が増えてきており、女性の何割かは潜在的に病気の可能性があります。
生理痛があまりにひどい事で病院に行き発見される事もあります。

スポンサーリンク

こうした病気は生理痛などの症状が出ない場合もありますので、早期の発見には繋がるケースがあると思われます。
更に、痛みがひどい事で日常で改善をこころみて、生理痛の原因とも言われる、体の冷えや、骨盤のゆがみ、ホルモンバランスの乱れ、ストレスなどを軽減しようと努力をする方は多くいると思われます。
生理とうまく付き合うという意識も向上しますし、普段何も悩みを抱えていない方よりも女性の体について知識が深まるのではないでしょうか。
もちろん、寝込むほどの激痛の場合はそういったレベルとは違い、治療が必要になる事もあります。
ですがセルフケアで改善が出来る場合は、自分の体のリズムを知る、問題点を知る事で生理とうまく付き合うという視点も生まれます。
痛みを軽減し、総合的にメリットだったと思える位に悩みが解消されれば、同じ事で悩む女性の説得力のある相談相手にもなっていけるでしょう。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加