MENU

生理周期が短いことまたは激しい生理痛について

スポンサーリンク

成人女性に月に一度訪れる生理。
わずらわしい面もありますが、子供を産むためのメカニズムでもあり、また心身の健康を図る物差しになることもあります。
生理とは、生理周期の長さから経血の量、生理痛のあるなし、まで個人差が大きいものなので、正常と異常の区別がつけにくいこともあります。
でも、生理の状態から病気が発見されることもあるので、不安があるようなら婦人科を受診してみたほうがいいこともあります。
だいたいの正常な生理の目安としては次のようになります。
周期は25日から38日間くらいで、ずれても前後2日から5日くらいなら正常の範囲に入ります。
生理の期間は3日から7日。
量は30から140ミリリットルくらいです。

スポンサーリンク

生理痛は個人差がありますが、まったくない人もいますし、ある場合でも市販の鎮痛剤で痛みがやわらぎ、ふつうに日常生活が送れるようなら心配ないでしょう。
異常な生理としては、過多月経・・生理期間が8日以上つづいたり、量が大変に多い場合。
過小月経・・生理期間が3日以内だったり、出血量があまりに少ない場合。
どちらもホルモンバランスの崩れや子宮筋腫などの心配があるので婦人科を受診してみたほうがよいでしょう。
また周期の異常では、希発月経といって周期が39日異常と長すぎるもの。
頻発月経といって、一か月に生理が2回3回ときてしまう、周期が短いというものがあります。
どちらも排卵が正常に行われていれば問題ないのですが、どういった原因からその状態になっているかによって治療の必要があるかどうか判断する必要があります。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加