MENU

生理痛に悪い食べ物はチョコレートとコーヒーなのです

スポンサーリンク

生理痛はおなかの痛み、頭痛、身体のだるさ・重さ、胸が張ってしまうなど、色んな症状が身体に出てきてしまい、おなかの痛みだけ感じる人もいれば、身体のだるさと頭痛とを重ねて辛さを感じる人もいたりと、症状がさまざまなのです。
そのような辛い生理痛を感じている人にとって、普段食べているものが生理のときはあまり食べないほうが良いものがあります。
その生理のときに悪い食べ物と言うのが、チョコレート、コーヒー、そしてチョコレートにも含まれている糖分の入った食べ物、これらは控えたほうが良いといわれております。
なぜ、これらの食べ物を生理中に控えたほうが良いのか。
コーヒーにはカフェインが含まれており、そのカフェインは身体を冷やす働きがあるのです。

スポンサーリンク

そし実は、チョコレートにもカフェインが入っており、糖分と一緒に含まれているチョコレートを食べ過ぎてしまいますと、情緒不安定になってしまう人もいるそうです。
そして糖分なのですが、特に砂糖は、これも身体を冷やす働きがあるのだそうです。
普段おやつとして食べているものが、生理中では良くないものとして控えたほうが良いのです。
甘いものはイライラしたときに食べたくなってしまいそうですが、甘いものを食べるよりも、生姜湯やホットのハーブティーを飲んで身体を温めていったほうが心も温まって落ち着いてくるようになってきます。
生理中は身体が弱くなっていることもあるため、無理をしないでゆっくりと身体を休ませ、温めながら大事にすることで落ち着いてくると思います。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加