MENU

生理痛がつらい日は飲み会でも飲酒は厳禁

スポンサーリンク

生理中で生理痛もつらい日は誘われて行った飲み会でもお酒は控えたほうがいいです。
具合も悪いときにお酒を飲むのは危険だったりするし、飲んでも悪酔いしてしまうこともあるのでお酒は飲まないでおくべきです。
お酒を飲むことで酔いが回ってしまうと出血量が多くなってしまう可能性もあるのですが、生理痛が余計に悪化させてしまうこともあるので飲まないでおとなしくしていることです。
それに生理痛がつらかったりする日というのは鎮痛剤などの薬を服用していることも多かったりするので薬を服用した日に飲酒をすることはもっと危険度も増してきてしまったりするのでお酒を飲むことによる副作用ももっと多くなってしまいます。
お酒が飲みたくても我慢です。

スポンサーリンク

どうしても飲みたい日だったらお酒を飲むにしても少量にしておくか、またはノンアルコールを飲んでおくなどすることもできます。
しかし、お酒を少量だけにして飲む場合は鎮痛剤を飲んでいなくて生理痛もないときに限ります。
薬を飲んですぐの飲酒はあまりいいとはいえない行為だったりもするので飲み会でも最後まで飲まないでいるべきです。
生理痛のせいで痛んでいるときにもお酒を飲むのは胃腸や肝臓などに負担をかけてしまうことになるので飲酒をすることで体調が更に悪くなりやすいので最初から飲まないつもりで飲み会へ参加するべきです。
無茶はしないほうが体のためだったりもするので勧められても断ったりして飲まないなど対応してもいいです。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加