MENU

生理痛はなぜ起こるのか

スポンサーリンク

生理痛は人によって痛みの程度が全く違いますが、毎回ひどい痛みや不快感を感じる方には本当に困った問題ですよね。
そもそも生理痛はなぜ起こるのでしょうか。
原因としては主に4つの事があげられます。
まず1つ目に、プロスタグランジンと言う物質の影響があります。
プロスタグランジンは生理中に分泌される物質の事で、子宮を収縮し、経血をスムーズに体外に出すために必要な物質です。
このプロスタグランジンの分泌が過剰な人は子宮の収縮も過剰になり、陣痛のような痛みが生じるのです。
また、この物質は痛みを増幅する作用もあるため、頭痛や腰痛、肩こりなども起こりやすくなってしまいます。
次に冷えの問題があります。
体が冷える事によって、血液の循環が悪くなりプロスタグランジンが骨盤に滞りやすくなってしまうため、余計に痛みが強くなってしまうのです。

スポンサーリンク

3つ目の原因は子宮口の狭さにあります。
若い女性やまだ出産経験のない女性は子宮口が狭いことで、経血がスムーズに流れ出ないために痛みを生じやすくなってしまいます。
出産したり、年齢を重ねる事で痛みが弱まってきたと言う人が多いのも、子宮口が広がった事で経血の流れが良くなったためです。
最後にストレスの問題です。
ストレスを感じる事で、ホルモンや自律神経のバランスが崩れてしまい血行が悪くなってしまいます。
また、体温調節の機能も低下してしまい、不快感をより強く感じてしまうのです。
この4つの原因から見て、生理痛緩和のためには体を温めたり、ストレッチなどをして血行を良くする事が大事です。
ストレッチも腰や骨盤の辺りを重点的に行い、プロスタグランジンが滞らないようにしましょう。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加