MENU

右足や左足の付け根が痛む生理痛の症状

スポンサーリンク

生理は、女性だけに毎月必ずやってくる現象で、これに伴い起こる生理痛で悩まれる方がたくさんいらっしゃいます。
生理痛の痛みは、人によって異なり、軽度の痛みから重度の痛みの方まで幅広くいらっしゃいます。
さらに、生理痛と聞くと、生理が始まったと共に始まるお腹の痛みの事を想像されがちですが、他の部分に痛みの出る方も意外と多くいらっしゃるのです。
頭が痛くなったり、体全体が痛くなったり、足の付け根が痛くなったりする事があります。
これらも生理中に起こる症状であれば、全て生理痛として扱われます。
このような痛みは、毎月やってくる症状であり、長い期間付き合っていかなければならないものなので、自分に合った上手な付き合い方を把握しておく事が必要です。

スポンサーリンク

 生理中に右足、左足の付け根が痛むという方がいらっしゃいますが、これは生理が始まると共に、骨盤内の子宮が収縮し始め、その収縮の振動が股関節や腰に伝わるために痛みが出ると言われています。
全女性が出る症状ではありませんが、割と多くの方が経験している症状の一つです。
この症状が夜に出始めると、痛みが辛く眠れないケースがあります。
そしてこの症状によって、睡眠不足を引き起こすことにより、さらに体調がすぐれなくなってしまう場合もあります。
そのため、もし夜に足が痛むという症状が出たり、毎月同じように痛むのであれば、鎮痛剤などを上手に使用し、痛みを抑えたり緩和させたりする事で、我慢せずに生理期間を過ごす事が出来ます。
もし、この足の痛みでお悩みの方は、是非無理に我慢をせず、鎮痛剤などの使用で上手に過ごすことをお薦めします。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加