MENU

体を温めるものを多くとり冷やすものは少なくして生理痛を和らげる

スポンサーリンク

生理痛の原因は冷えや運動不足、また偏った食事などが多くあります。
その中でも冷えというのは外側からも内側からもできるだけ控える必要があるもので、体を温めることで生理痛は緩和させることができるのです。
そのためには、まず冷やす原因になるものをなるべく少なくする必要があります。
たとえば、飲み物は夏でも冷たいものはなるべく飲まないようにする、できるだけ常温のものを選ぶ、食事も体を温めるものを選んで食べるなどの少しの改善からはじめることができるのです。
また、体を冷やす原因になっていることではエアコンの使いすぎもあります。
夏になるとよくエアコンを使用している人などは気をつけるようにすると、体の外側からの冷えが少なくなります。

スポンサーリンク

内側から冷やすのは飲み物だけではなく、食べ物でもありますが、生理痛の原因である冷えを取り除くには、内側からの改善がとても効果的です。
なるべく温かいものを口にするようにして、お茶ならしょうがを少し加えてみるなどもいいということです。
服装もなるべく薄着にならないようにして、生理中は特に温かい服装を心がけるようにします。
普段の生活の中でも冷えてきたら温かい上着を着るなどの対処をしておくだけでも体の外側からの冷えは抑えることができます。
内側からも外側からもできるだけ温めるようにすることで、内臓が正常に働きやすくなり、子宮の痛みも少なくなります。
生理痛がつらいときには、温かいハーブティーなども効果的です。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加