MENU

生理痛に悪影響を及ぼす食品 「肉」と「カフェイン」

スポンサーリンク

女性にとって生理痛は大きな悩みの一つです。
程度の差こそありますが、生理の始まる2、3日前から徐々に痛みが始まる場合も多く、約1週間の間憂鬱な気分に悩まされます。
生理痛は、子宮が収縮することによって引き起こされますが、この収縮を強めてしまうような食品が、実は私達が普段口にしているものの中にはあるのです。
例えば肉類が挙げられうます。
少量ずつ適度に取る程度であれば、さほどの影響はないのですが、現代のように惣菜や弁当などを利用する機会が多くなると、どうしても保存性の高い加工肉を摂取することが増えてきます。
こうした加工肉には多量の塩分と共に炎症などの原因ともなる悪い脂が含まれていますので、子宮の収縮を強めるような痛み物質の生成を促してしまうのです。

スポンサーリンク

 家事や仕事の合間にコーヒーや紅茶などの飲み物を取っている方も多いですが、こうしたドリンク類にも生理中は注意が必要です。
ご存じのように、コーヒーや紅茶にはカフェインという物質が含まれています。
このカフェインは冷えの原因となるとも言われています。
冷えは生理痛には大敵ですので、生理中は出来るだけカフェインの含まれていないものを摂取することが生理痛を緩和するには大切になるのです。
漢方では食品にも陰陽があり、体を温める作用を持つ食品と逆に冷やす作用を持つ食品があると言われています。
こうした理論を参考にすると、献立作りも楽しめるものです。
女性は特に普段から体を温める食品を務めて取るようにすることが大切になります。
常日頃の習慣がいざという時に役に立つのです。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加