MENU

生理中に起こる生理痛や下痢の原因とその改善方法

スポンサーリンク

生理中に起こる生理痛の感じ方や症状の現れ方というものは、人によって違うものです。
中には下腹部の痛みを感じるだけではなく、下痢になってしまう方もいらっしゃいます。
なぜ、生理中や生理前にこういった症状を起こしてしまうのでしょう。
下痢になってしまうその訳は、生理中に分泌されるプロスタグランジンというホルモン物質にあります。
プロスタグランジンとは、子宮の筋肉に働きかけ、子宮を収縮させる作用のある物質です。
このプロスタグランジンの働きにより、血液が子宮から排出されます。
これが生理の仕組みです。
このプロスタグランジンの産生が過剰な方は生理痛を強く感じやすいとされています。
そして、このプロスタグランジンは、子宮収縮させて血液を排出させやすくするという作用だけでなく、腸の働きに影響を与えるという効果も持っています。
それ故、分泌量が増える生理前と生理中は下痢になってしまうのです。

スポンサーリンク

では、ホルモンの影響による下痢を改善させるにはどうしたら良いのでしょう。
改善させるには主に2つの方法があります。
1つはお薬を使用してプロスタグランジンを作られないようにしたり、量を減らしていく方法です。
お薬を飲むタイミングとしてはプロスタグランジンが放出される前、つまり痛くなりかけの時に早めに飲んでしまうのが良しとされています。
改善させるもう1つは子宮の周りの血液の流れを良くする方法です。
窮屈過ぎる下着や衣類を身につけない、体を冷やさないようにするといったことをして、子宮の周りの血行を良くしていきます。
ちなみに体を温めるという行為は、下痢を改善させるだけでなく生理痛緩和にも効果のある方法です。
このように生理前と生理中の下痢には原因があり、その改善方法というものも存在しています。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加