MENU

いつもと違う生理痛を感じたら婦人科外来へ

スポンサーリンク

女性の生理痛の原因とされているものは色々なものがあります。
生理痛と深い関わり合いがある女性ホルモンは、精神的なものに非常に影響されやすい為、引越しや結婚といった生活環境の変化や職場での人間関係によるストレスといったちょっとしたことが引き金になり、生理痛が起こってしまうことも多々あります。
また、冷えなどの体調不良や不規則な生活が生理痛の原因となることもあり、非常に複雑です。
これらの原因の中で一番心配なことは、婦人科系の病気が原因である場合です。
突然激しい腹痛を感じるようになった、出血の量が増えた、といった今までとは違う生理痛・出血の仕方を感じるようになったのならば、早期発見・早期治療の為にも婦人科外来で診察してもらうことが望ましいと言えます。

スポンサーリンク

では、どういった流れで診察をしてもらうことになるのでしょう。
各婦人科クリニックによっても多少の違いがありますが、一般的に婦人科の外来で診てもらう際にはまずは受付を済ませることから始めます。
受付にて、診てもらいたい理由や症状などを話し、自分の名前を呼ばれるまで待ちます。
最初に医師による簡単な問診があります。
この際に最後の生理日や生理周期などを聞かれることもあるので、あらかじめ答えることを整理しておくとスムーズです。
次に診察台にて診察を受けます。
診察をした後、医師による見解を聞くことになります。
診察の結果、投薬などの治療が必要と医師が判断したのであれば、この時に説明がありますので良く聞いておきましょう。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加