MENU

とにかくあたためて 生理痛が少しでも楽になる方法

スポンサーリンク

少しでも生理痛を失くしたい、生理のたびにお腹が痛くなるのが悩みという女性は数多くいます。
病院で検査しても異常なし、痛み止めや漢方、ピルを飲まなければ痛いまま、学校や会社で痛みと戦っているなどと、女性の悩みは尽きることはないです。
そこで、毎月の生理痛をほんの少しでも楽になる方法を紹介します。
まず大切なことは我慢をしないことです。
我慢をすると痛みがさらに増しますし、段々イライラしてきてしまい痛みが悪化します。
痛みが激しいときには我慢しないで、ゆっくり休みをとったり、早めに痛み止めの薬を飲むようにします。
痛みの度合いによって薬の量を調整したりと、自分なりに工夫します。
そして自分の楽な姿勢で、じっくり休むことが大切です。

スポンサーリンク

痛みを失くす方法として一番有効なのが、お風呂です。
お風呂に入れば血行が改善されますし、リラックス効果もあって生理中特有のイライラもなくなり、とても身体が楽になります。
出血の量があまり多くないときには、積極的にお風呂に入るようにします。
出血の量が多いときや気分が乗らないときなど、お風呂に入れないときには足湯も効果的です。
足元からじっくりあたたまることで、身体全体もあたたまります。
自分が気持ちいいと感じる温度のお湯を洗面器やバケツに張って、そこに足を入れて足湯をします。
そのまま数分あたためるだけでも、痛みがずいぶんなくなります。
身体があたたまったら、身体が冷めないうちに布団の中でゆっくり休むことも大切です。
身体をあたためたら、眠気が襲ってくる生理中はたっぷり睡眠をとります。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加