MENU

吐くほどの生理痛は病気の可能性もある

スポンサーリンク

個人差がありますが、成人女性の多くが毎月やってくる生理に伴う症状に悩まされています。
主な症状は、腹痛、腰痛、倦怠感、冷え、吐き気、下痢などです。
この症状には体質による場合と、病気が潜んでいる場合があります。
まず体質による生理痛の大きな要因は、プロスタグランジンという物質です。
この物質は、生理の経血を体外へ排出するために、子宮が収縮するのを促進する作用があります。
ですのでプロスタグランジンの量が多すぎると、子宮の収縮が強くなり、生理痛がひどくなります。
また、血管を収縮する作用もあるので、冷えやだるさを感じたり、胃腸の動きも悪くなるため、生理の度に吐くという人もいます。
生理痛に個人差があるのは、このプロスタグランジンの量が大きく影響しているのです。

スポンサーリンク

次に病気の場合ですが、考えられる病気の一つに子宮内膜症が挙げられます。
子宮内膜症とは、本来子宮の内側だけにある子宮内膜が、子宮の内側以外の場所にもできてしまう病気です。
子宮内膜症の代表的な症状は、激しい生理痛ですが、子宮内膜組織が骨盤内の臓器にも癒着しやすくなるため、生理中以外でも下腹部に痛みを感じることがあります。
子宮内膜症などの病気の場合、できるだけ早い段階で婦人科を受診し、治療を始めることが大切です。
また生理中はゆっくりと休暇をとるように心がけ、ストレッチや半身浴など痛みが少しでも和らぐ方法を見つけ、上手に付き合っていきましょう。
生理痛が年々ひどくなる場合や異常を感じたときは、迷わず婦人科を受診することをお勧めます。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加