MENU

生理痛で悩む働く女性の割合

スポンサーリンク

月経期間中でも全く支障がなく過ごせる人、多少の痛みがあっても我慢出来る程度の人もいれば、毎回鎮痛剤を飲むほどの辛い生理痛に悩まされている人もいて度合いは様々です。
生理痛が重い女性の場合は、家事や、学校仕事などに行くのが辛く日常生活に支障をきたすこともあります。
厚生労働省のある年の調査では、働く女性の約3分の1が生理痛に悩んでいるという割合が分かっています。
毎日の労働に従事する女性の割合が増加している事で、ライフスタイルも大きく変化し、過度の生理痛や生理不順などの原因となっていると見られています。
寝込んでしまう程ひどい痛みや、吐き気、貧血、下痢、めまいなどを伴う場合は月経困難症と呼ばれる症状で、治療が適応になります。

スポンサーリンク

ストレス社会と呼ばれる現代の社会では、労働環境も働く女性にとって過酷な場合があり、大きなストレスを持つ人が多いと思われます。
生理痛がひどくなる要因としてストレスや、ストレスによるホルモンバランスの乱れがあげられています。
環境を変化させるのは難しい場合がありますが、生理痛や月経困難症に悩む場合は、ストレスを軽減するのがとても大切な要素になってきます。
あまりにも日常生活が困難になる場合は、子宮内膜症などの病気が隠れている場合もありますので、一度産婦人科を受診することが良いでしょう。
ストレスをなくしてリラックスをする、体を温めるなど日常で出来る事は沢山ありますので、快適な生活を送るために前向きに取り組んでみましょう。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加