MENU

生理痛で休むときの電話やメールでの言い訳の方法

スポンサーリンク

何かしらのやむを得ない事情で休みを得たい時、電話やメールなどで会社や学校などに連絡を入れる事は常識です。
しかし、生理痛に個人差があるように、生理痛そのものの理解には個人差があり、どうしても動けないぐらい悪いなら仕方がないという人もいれば、逆に生理痛ぐらいで休むなんておかしいだろうという言い方をする人などもいます。
講じた状況は、生理痛が酷く、辛い人にとってはとても辛い事ですが、素直に生理痛と言ってしまうと意見が分かれるので、症状のみを言い訳として伝えるのがベストです。
症状のみであれば、例えば頭痛がするという言い訳や、腹痛は酷いという言い方などが適切です。
ちなみによく体調不良という言い方をする人がいますが、体調不良という言い訳の仕方はあまり好ましくないものに分類されます。

スポンサーリンク

電話やメールをする時に、どうしても自分で連絡をとれないような状態なのであれば、身近な人間に頼み、連絡を入れてもらうなどでも良いです。
また、「腹痛が酷く、行っても迷惑をかけてしまう可能性があるので」という言い方などであれば、相手は仕事に支障が出るほどの腹痛なのであれば、休んでもらった方が良いという解釈をしてくれるパターンもありますので、できるだけ行きたくないという事を強調するのではなく、行きたいけれど行く事が不可能な状態になっている事を伝えるようにするのが無難です。
言い訳の方法は言い方などにもよりますが、生理だからという理由では受け入れがたく感じる方もいるので、誰もが受け入れられるような理由を考えてから連絡をし、述べるのが良いです。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加