MENU

「魚」を食卓に取り入れてつらい生理痛を改善

スポンサーリンク

生理痛がひどくなる原因には色々ありますが、体の冷えや血行の悪さが代表的なものです。
私達の体が冷えると、血管が収縮し血液の流れが悪くなります。
生理痛を引き起こしている子宮周辺の血流も悪くなりますので、痛みがひどくなってしまうという訳です。
血流を良くするためには、軽い運動やカイロなどでの保温が効果的ですが、体の中から体を温める試みも大変役に立ちます。
生姜やねぎなどは、体を温める食材の代表的なものですが、血流を良くする点では、魚もお勧めの食材です。
特に青魚の脂に含まれる成分は、血液自体をさらさらの状態に整える効果があり、ドロドロの血液が原因で起こる生活習慣病の予防にも役立っています。
血液の状態を普段から綺麗に保っておくことが、生理痛の改善には役に立つのです。

スポンサーリンク

 魚には、ホルモンのバランスを整えるビタミンも含まれています。
マグロやカツオなどがその代表ですが、ニンニクやショウガなどの薬味と合わせて調理することによって、おいしさもアップし、又健康効果も増します。
手に入りやすいサンマなどは、体の末梢の血行を良くするビタミンが含まれています。
寒さや冷えを感じると生理痛は悪化しますが、このような食品で身体の隅々まで血液がスムーズにいきわたるように整えることで、大分痛みが軽減するのです。
ですが、こうした食事での生理痛改善は、一朝一夕に行うには大変難しいものがあります。
細胞の生まれ変わりには一定の周期がありますので、最低でも一か月は続ける必要があります。
無理のない範囲で、楽しみながら食習慣を変えていくことが生理痛改善の第一歩なのです。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加