MENU

空腹時は避けるのがベスト 生理痛の薬

スポンサーリンク

時間や場所を選ばない生理痛は、女性を苦しめる問題の一つです。
自宅にいる時ならまだしも、移動中や職場、学校などで襲われると大変心細くなります。
そうした時に市販の鎮痛剤は大変役に立ちます。
一つか2つの錠剤を飲むだけで、それまでの痛みが嘘のように消えていくこともあり、そんな時は薬のありがたさが身にしみます。
ですが、こうした鎮痛剤には但し書きとして、空腹時は避けて飲む、ということが大抵記載されています。
家で過ごしている時であれば、こうしたルールも守ることが出来ますが、外出中などは中々難しいこともあり、ついつい薬だけを飲んでしまったりします。
こうした鎮痛剤が胃腸に負担をかけることは、良く知られていますが、対処法によってはそういった負担を大分軽減することが出来るのです。

スポンサーリンク

 鎮痛剤と共に、小さなビスケットやクラッカーなどを常に持ち歩くのも一つの手ですが、それすら難しい場合、牛乳などの乳製品が含まれているドリンクが役に立ちます。
ヨーグルトドリンクや缶入りのポタージュスープなどであれば自販機などでも手に入れやすく、重宝します。
同じドリンクでもお茶やコーヒーなどは、刺激や鎮痛剤の効果の点からいっても避けた方が良いです。
胃が荒れるのが心配な方は、胃腸の薬も常備しておき、数分程度時間を空けて飲んでおくと安心です。
ただ、薬によっては飲み合わせに問題があることもありますので、事前に薬剤師などに確認しておくことが必要となります。
外出先で、何かをつまみ、薬を飲むという行為は確かに少し勇気が要りますが、自分の体への影響を第一に考えて適切な対処をすることが、健やかに日々を過ごす秘訣となるのです。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加