MENU

激痛や下痢を伴うひどい生理痛には注意

スポンサーリンク

月経は子供を産むたまに必要な体のしくみではあり、妊娠が成立しないことで子宮内膜がはがれ落ち、血液とともに体外に排出されます。
その際にプロスタグランジンという物質が分泌され生理痛の原因となります。
この物質の分泌量が過剰になると、子宮の収縮が過剰になり生理痛を感じやすいようです。
10代などの若い女性の場合、子宮口が狭い為事が原因で、経血を押し出そうとして子宮の収縮が強まる為に、痛みを感じる事が多いようです。
この為、子宮の成熟にともなって自然に治る場合もあります。
生理痛の度合いは個人差があり、痛みの感じ方も人それぞれなのですが、日常生活に支障をきたすような激痛に見舞われる場合や、痛みの他に、貧血、めまい、下痢などを伴う場合は月経困難症とよばれ、治療が可能となります。

スポンサーリンク

年々痛みがひどくなる、薬が効かないほどの激痛、排便の時にも痛みを感じるなどの場合は、子宮内膜症や子宮筋腫などの病気が隠れている場合もあります。
たかが生理と侮らずに、一度は産婦人科に相談をしてみると良いでしょう。
鎮痛剤を上手に活用することも大切です。
薬が効かないという人の場合は、飲み方にも工夫が必要です。
激痛になってから飲むと効かない場合が多いので、自分の生理のサイクルを把握し、痛みが始まる前に服用をしてみましょう。
激痛や下痢、貧血を伴う場合は別ですが、軽い場合は、冷え対策や血行不良を改善することで痛みが軽減する場合もあります。
冷え性の人は体質を改善するよう、特に下半身を冷やさないように、入浴などの積極的にしてみましょう。
生理痛は改善の方法が多く、解決されない悩みではありません。
一人で悩まずに、医師や周囲へ相談をしてみましょう。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加