MENU

生理中の不調が重いときは、生理痛の検査を受けてください。

スポンサーリンク

生理中、何も不調を感じない女性は1割にも満たないそうです。
生理痛はあっても当然と思われている方も多いでしょう。
しかし、実は中に病気が潜んでいたりすることがあります。
軽度の腹痛、腰痛にとどまらず、貧血や吐き気を伴ったり、生理のたびに寝込んでしまったりしまうなど、症状が重いと、月経困難症といい、治療の対象となります。
月経困難症には2つの種類があります。
器質性月経困難症と、機能性月経困難症です。
器質性月経困難症は、目に見えるはっきりした異常があって痛む場合で、子宮内膜症や子宮筋腫、子宮腺筋症などがあります。
機能性月経困難症は、子宮収縮ホルモンが多かったり、子宮口が狭いことや、心理的原因などで起こる場合です。

スポンサーリンク

それでは、どのような検査が行われるのでしょうか。
まず、問診ですが、日頃の生理の周期や状態、妊娠出産に関することなどが聞かれます。
次に内診では、下着をつけない状態で専用の診察台に乗って行います。
視診や触診で、膣や子宮や卵巣の硬さや向き、子宮の動き、癒着の有無などを調べます。
他に、卵巣や子宮の大きさを確認する超音波検査や、ホルモンの状態や細菌などが感染しているかを調べる血液検査、尿検査なども行います。
血液検査では、一部のがんについても調べることが出来ます。
さらに詳しく、MRIやCTを行うこともあります。
婦人科を受診するには、億劫だと思う方も多いかもしれませんが、最近では女性が相談しやすく受診しやすい環境を整えている病院が増えています。
気になることがあれば、ぜひ専門医に相談してください。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加