MENU

胸の張りなどの生理痛は妊娠するからだの準備とも言われます。

スポンサーリンク

月経のある女性の一番の深い症状は月経痛だと言われています。
月経痛にも個人差があり、薬を飲まなくてもやり過ごすことができる人もいれば、寝込んでしまうほどの痛みがある人もいます。
月経痛の主な症状は、胸の張り、手足が冷える、腰の痛み、お腹の痛み、頭痛などの身体的な症状や、精神的に落ち込む、イライラする等の精神症状を伴うことがあります。
生理前から不調がある人、生理の後半に痛みが増す人もいます。
生理は子供を産むためには必要な現象ですが、そうはわかっていても辛いものです。
生理痛がひどい人は、妊娠・出産後は生理痛が軽くなる場合もあります。
最近では、生理休暇などを導入している会社もありますが、なかなか休むこともできませんのが実情です。

スポンサーリンク

生理痛の時には薬などを飲んで、痛みを抑える方法もありますが、生理の仕組みなどを知り、改善ポイントを押さえましょう。
生理は子宮内膜がはがれる減少で、その痛みは、子宮内膜をはがれるときに発生する痛みです。
子宮が内膜を押し出そうと収縮するときに起きる痛みとも言われています。
また、生理痛は生活習慣が関係も考えられます。
ストレスや不規則な生活はホルモンのバランスが悪くなる原因ですので、体を温める根菜や生姜を取り入れて、体内から整えていくとよいでしょう。
また、ストレッチなどの軽い運動を取り入れて体を動かし血行を良くすると、痛みが緩和してきます。
また、体が冷えていると、血の流れが滞って痛みを引き起こしますので、生理期間中は体を冷やさないように温めましょう。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加