MENU

生理痛の痛みを減らす方法について

スポンサーリンク

生理痛には個人差があり、症状や痛みの強さは人それぞれです。
生理痛の症状で一番多いと言われているのは、下腹部の痛みです。
生理時の下腹部の痛みは、プロスタグランジンという物質が生成される事により生じます。
子宮内膜が剥がれ落ちる際、プロスタグランジンが作用して痛みや炎症などが引き起こされます。
そのため、プロスタグランジンの分泌が過剰になるほど、痛みが強くなるのです。
また、炎症が起こる事で頭痛や吐き気、胃痛などが引き起こされると考えられています。
生理の痛みを抑える鎮痛剤は、プロスタグランジンの生成を阻害する効果があります。
痛みがひどく、日常生活に支障をきたすような場合には、鎮痛剤を上手く活用するのも重要です。

スポンサーリンク

生理痛の痛みを減らすためには、プロスタグランジンの分泌量を減らすことが必要となります。
体が冷えて血行が悪くなると、子宮が収縮しにくい状態になります。
すると、径血を子宮から押し出すためにプロスタグランジンが多く分泌されてしまうのです。
痛みを緩和させるためには、下腹部や腰周りを温めて血行を良くする事が効果的です。
カイロで下腹部を温めたり、足湯を行なったり、入浴時にはゆっくりと湯船に浸かり、体を温めるのも重要です。
温かい飲み物を飲む事も痛みの緩和には効果的です。
カフェインは血管を収縮させて冷えの原因になるので、体を温める効果のある生姜が入ったものや、リラックス効果のあるハーブティーなど、ノンカフェインの飲み物を選ぶ事が重要です。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加