MENU

個人差が大きい生理痛について

スポンサーリンク

健康な女性ならば毎月訪れる生理痛ですが、痛みの程度などは個人差が非常に大きいといわれています。
生理痛の原因には様々なものがあり、まれに婦人科疾患や全身の疾患などがみられますが、ほとんどの場合は正常な場合が多いとされています。
そのため、痛みを和らげる対策をしっかりと取って出社をするという女性が多いといわれています。
生理になった時、ほとんど痛みのないまま過ごすことができる人と、激しい痛みのために出社することすら困難な人がいます。
現在労働基準法では生理休暇といったものが認められており、生理のために出社して普段の能力を発揮することができない人はこうした生理休暇の申請を行うといったことがで着るとされています。

スポンサーリンク

しかし、現在はどこの会社であっても最小限の人員で業務を行っている場合が多いことから、生理痛が原因で休むことはできないと考えている女性がほとんどであるといわれています。
そのため、同僚の女性に生理であることを報告して配慮をしてもらったり、薬を飲んで症状を抑えるといったことを行っている女性がいます。
ただし、男性社員は生理痛の辛さについての理解や認識が十分にないことが多いといわれており、近年は女性が気持ちよく仕事を行うことができるような職場環境づくりの必要性が浸透してきています。
そのため、生理痛のある場合には業務の負担を軽減するといったことや早退や休憩を許可するという会社が増加傾向にあるといわれています。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加