MENU

更年期の生理不順と生理痛について

スポンサーリンク

女性は、個人差がありますが平均して40歳代半ばから生理周期が伸びたり、逆に短くなったり、また生理の日数も短かったり長ったり、いわゆる生理不順の状態になります。
経血の量も減ってくる人もいれば逆に多くなる人もいます。
これはホルモンのバランスが関係しているのです。
女性ホルモンと言われるエストロゲンが年齢とともに減少してくることが生理不順を起こし、やがて閉経するという経過をたどらせているのです。
そのころの時期は更年期といわれ、ホルモンの影響で生理不順以外にも体に様々な症状が現れます。
ホルモンのバランスが落ち着いてくるまでは、冷えやのぼせ、ほてり、肩こり、頭痛、めまいなどのほかに不眠やイライラ、憂鬱になったりと精神的にも不安定な状態に陥る人もいます。

スポンサーリンク

更年期の生理は不順ですが、生理痛は緩和されてくる人が多いのですが、中にはさらにひどくなる人もいます。
もともと子宮内膜症や子宮筋腫などの病気のある人はひどくなりやすいのです。
生理中が子宮や子宮の周り、子宮の内膜に血液が集まっていて、うっ血した状態になります。
それが生理痛を引き起こすのです。
ストレッチなどをして血液の循環をよくし、体を温めるようにすることで少しでも改善が見られます。
更年期に不快な症状で辛くなれば婦人科を受診するようにしましょう。
ホルモン治療や痛みに対する鎮痛剤なども処方してもらえるでしょう。
また漢方薬にも更年期の不快な症状を緩和してくれるものがあるので、漢方薬を扱っている薬局で薬剤師さんに相談してみるのもいいでしょう。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加