MENU

まだまだ痛い 20代の生理痛の症状と改善方法

スポンサーリンク

学生時代から生理痛に悩んでいる、どうしても毎月の痛みに耐えられないという20代女性はとても多いと思います。
そこで、若い女性特有の悩みでもある生理痛の症状と対処方法について紹介します。
20代は10代の頃と比べ、子宮が成長し少しずつ生理周期が安定してきます。
とは言っても子宮も完全に成熟しきっていないので、まだまだ生理周期や生理不順、生理痛にも悩まされる年代です。
10代の頃のどうしょうもない痛みではないものの、まだこの痛みにはなかなか慣れないものです。
まずは、痛みを無理やり我慢せずに痛み止めの薬を飲むことです。
20代ならもう自分のお気に入りの薬を見つけていますし、飲むタイミングもつかめていると思います。
とにかく我慢しないで、薬を飲んで安心感を得ます。

スポンサーリンク

薬を飲めば大体の人は落ち着くと思いますが、これでもまだまだ痛いとなら身体を温めることをします。
流行のファッションに身を包むのもいいのですが、なるべく身体を冷やさないファッションにします。
ミニスカートを膝丈のスカートに、ショートブーツをニーハイブーツにと少しだけでも工夫することが大切です。
どうしてもそれが出来ないのなら、カイロを貼ったり、かわいい腹巻でお腹をあたためる努力をします。
食べるものや飲むものも日ごろから気をつけるようにすると、痛みがなくなります。
糖質ばかりの炭酸飲料や身体を冷やすコーヒーはなるべく避けて、ホルモンバランスを調整してくれる豆乳を飲んだり、ヘルシーな温かいお茶を飲むようにして、普段から身体を温めるようにします。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加