MENU

生理痛と残尿感の関係について

スポンサーリンク

近年、様々な理由から生理痛に悩む女性が増加していますが、そうした女性の中に残尿感があるという人が散見されます。
残尿感とは、一度尿を出し切っているのにもかかわらず、膀胱や尿道内にまだ尿が残っているような感じがする症状のことをいいます。
女性にとってはこうした残尿感を抱えている人が多いといわれていますが、その原因として様々なものが知られています。
たとえば、一番メジャーなものとして膀胱炎があります。
膀胱炎は細菌やウイルスなどが膀胱に侵入することによって、膀胱内で炎症が起こり、残尿感はもちろん、排尿痛や排尿困難などを引き起こすことがある疾患です。
また、時には血尿も見られるため、慌てて医療機関に駆け込む女性もいます。

スポンサーリンク

膀胱炎に罹った場合には、抗生物質の服用やとにかく水分をたくさん摂取して悪いものを体外に出し切ってしまうということが重要であるといわれています。
また、膀胱炎は人間の免疫力によって自然治癒することもありますが、症状の悪化を防ぐために泌尿器科などで適切な診断と治療を行うことが望まれています。
膀胱炎は一度罹るとぶり返しやすい疾患としても知られており、しっかりと完治させることが重要であるといわれています。
そのため、休息をとって身体を激しく動かす運動は避けることが重要です。
生理痛が重い人で残尿感があるという女性には、背景にこうした泌尿器科系の疾患が隠れている場合もあるため、自己判断せずに医師の指示に従うことが大切です。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加