MENU

つらい生理痛の止め方

スポンサーリンク

生理前や生理中に不快な症状が起こって、憂鬱になるという女性も多いのではないでしょうか。
近年、ライフスタイルの変化に伴って働く女性が増えており、生理痛や生理前のイライラなどに悩む女性も増えていると言われています。
眠気が襲う、倦怠感があるなどの症状もつらいものですが、中でも生理痛がひどい人の場合は、家事や仕事が出来なくなるほど重度の場合もあり、深刻な悩みを抱えている人もいる事でしょう。
生理痛の止め方はその原因によっても異なってきます。
痛みが軽度の場合は、血行不良や姿勢、ストレスなどを改善していく事によって軽減出来る場合があります。
特に冷えはホルモンバランスの乱れにも繋がり、血行不良の原因にもなるので体をなるべく温めるようにしましょう。

スポンサーリンク

日常生活が困難になるほど生理痛が辛い場合には、止め方としては鎮痛剤を活用するのがお勧めです。
鎮痛剤は生理痛が始まってからでは効かない場合もありますので、なるべく痛みが始まる前に飲んで様子を見てみる事が大切です。
10代の女性の場合は、子宮の成熟が要因となっている場合もありますが、20代以降になって、年々痛みがひどくなる場合や、薬が効かないほど激痛は病気が隠れている頃も考えられますので、一度は産婦人科で検査をしてみることをおすすめします。
子宮内膜症や子宮筋腫などが原因となっている可能性も考えられます。
痛み以外にも生理不順や、貧血・吐き気などを伴う場合も心配であれば、まずは医師に相談をしてみるのが良いでしょう。
病気が原因ではない場合でも、セルフケアで軽減した例はありますので、周囲に相談するなどして辛い痛みを我慢しないようにしましょう。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加