MENU

生理痛が時々ひどいのはなぜ

スポンサーリンク

女性は、男性と違って子供を生むために体内に栄養を蓄えています。
その栄養分は妊娠などで使われないと、約28日の周期で外に排出されます。
それが、生理です。
これは女性ならば必ず誰でも起こる現象ですが、生理中に限って痛みを伴うこともあります。
これを生理痛と呼びますが、個人によって痛みに差があったり、全く痛みがない人もいます。
また、いつもはそんなに痛みはないのに、時々ひどい痛みに悩まされる人も多いです。
とはいえ、ただでさえ生理中は普段と違ってイライラしたり、肌荒れなどのトラブルに悩まされるのに、その上生理痛まで起きてしまっては、余計に感情的になってしまったり、日常生活や仕事などに悪影響を及ぼしかねません。

スポンサーリンク

そうならないためにも、生理痛対策をしておくことが必要です。
ではまず一つ目の対策方法は、規則正しい生活を送ることです。
例えば、夜更かしや毎日起きる時間が違うなどといった生活習慣の乱れは、ホルモンや自律神経のバランスを崩してしまいます。
バランスが崩れると、生理痛の原因である成分が過剰に分泌され、余計に痛みがひどくなってしまいます。
そうならないためにも、毎日決まった時間に起床・就寝して、睡眠不足を無くすことが大切です。
次に二つ目の対策方法は、食事に気を付けることです。
特に、コーヒーや塩分が高い食べ物、チョコレートなどの糖分が多い食べ物は摂取を控えた方が良いです。
このような食べ物もまた、痛み成分を分泌させる原因となり、吹き出物やむくみまで引き起こしてしまいます。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加