MENU

生理痛の軽減、治し方について

スポンサーリンク

生理痛の症状は様々で、痛みの度合いも人によって異なります。
症状としては、下腹部や腰の痛みの他、頭痛を伴う人もいます。
生理痛以外でも、痛みにより吐き気や貧血を伴う、激しい眠気におそわれるなど不快な症状に悩む女性は多いと言われています。
生理痛の度合いは色々ありますが、薬を飲まなくても良いくらいの軽度のものから、鎮痛剤を毎回使用する、家事や仕事が出来なくなるなどの重度の場合もあり、そういった場合は日常生活を送る事が困難になります。
生理痛の治し方は原因によっても変わってきますが、10代の女性の場合は子宮口が狭い為に、月経血を押し出す時に子宮の収縮が強まり痛みになる事が多いので、成熟とともに自然に収まる事が多いようです。

スポンサーリンク

その他、ホルモンバランスの乱れが原因で起きる場合があります。
この場合、子宮を収縮させて経血の排出を促してくれるホルモン、プロスタグランディンの分泌が多いために収縮が強まって生理痛がおきます。
だるさや下半身のむくみも起きやすくなるので、過剰な分泌を防ぐためにもホルモンバランスを整えるのが大事です。
日常でストレスを軽減する、リラックスして過ごすなどが良いでしょう。
治し方として有効なのは、身体を温める事と言われています。
血行不良などが痛みの原因である場合は特に有効でしょう。
カイロで下腹部を温めたり、足浴や入浴を毎日するなど、特に下半身を冷やさない様にする事が大切です。
あまりにひどい生理痛は病院の受診をおすすめしますが、日常生活で改善に繋がる治し方もたくさんありますので、我慢せずに周囲に相談してみましょう。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加