MENU

生理痛の諸症状のひとつに首こり

スポンサーリンク

生理痛は女性として生まれたからには、ほぼ半生付き合わなくてはならない非常に大きな問題です。
女性という性は子供を産むための機能として子宮が備わっているので、半ば強制的に背負わされた宿命でもあります。
しかし生理に不快感を感じない女性もいたりして、非常に不公平感を感じずにはいられないものです。
生理の主たる症状として、生理痛(主に下腹部痛)、肩こり・首こり、イライラ、不安感、眠気など書きあげたらキリがないほど様々です。
肩や首がこるなど男性は想像すらできないことでしょう。
その上、生理の前にも頭痛や不安感などがおこる、生理前症候群なども存在し、女性は少なからずとも生理に生活を左右される一面をもっています。
楽しみにしている旅行などに生理があたるなどの経験を持つ女性は多いでしょう。

スポンサーリンク

しかし、生理だからと生理休暇が取れるような企業は稀ですし、男性と共に働く会社などでは、そもそも取得が困難ですし、上司が男性である場合に申請はさらに難しくなるのが実情です。
男性には理解し辛い体の症状が多く現れる生理。
休んでいられない現代を生きる女性に、強い味方なのが、市販されている鎮痛剤などです。
鎮痛剤が気軽に薬屋などで入手できるようになってから女性の生理期間が非常に快適に過ごせるようになったのはいうまでもありません。
その上、生理用品も格段に性能がよくなり、女性はネガティブな気持ちで過ごすことが昔に比べ少なくはなってきています。
昔の女性はどのように生理をすごしていたかを想像すると、少しぞっとするものがあります。
現代に生きていて良かったと感じることの一つです。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加