MENU

【体験談】授乳中の生理痛では薬に注意

スポンサーリンク

ただいま育児中、授乳中の主婦です。
産後しばらく来なかった生理が最近ようやくくるようになりました。
産前も生理があるときは生理痛があり、薬はあんまり好きではないので使わないようにしてきました。
産後久々にきた生理はお腹が痛くなりました。
授乳をしていない体であれば薬を買って飲むこともできるのですが授乳中の身はそう簡単に飲むわけにはいきません。
母乳に溶け出して子どもの体に入りかねませんからね。
薬に頼らないようにするために、私は体を温めることを意識しています。
外からはお腹にほっかいろを貼ったり、ズボンの下にタイツを履いたり、靴下を厚いものにしたり腹巻をしたりします。
それだけでは血流が良くならないこともあります。

スポンサーリンク

そこでぜひ体を温める食べ物を意識して取りましょう。
食事に味噌汁を足すだけで体の温まりはだいぶ違います。
ショウガも積極的にとると私の場合は良かったです。
それでもダメな場合は、自己判断で市販の薬を買うのではなくきちんと産婦人科へ行って薬を処方してもらいましょう。
妊娠中もそうですが、例えば便秘になったときは産婦人科で相談することで妊婦が飲んでも大丈夫な弱い薬を処方してくれます。
それと同じで授乳中に生理痛に困ってるときには授乳に差し支えないように適した処方をしてくれます。
体調がわるいと育児にも集中できませんよね。
なので無理に我慢したりせずに病院へと足を運びましょう。
寒さが本格化すると余計生理痛も厳しいものになりますから。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加