MENU

生理痛が少し気になる場合

スポンサーリンク

生理痛とは生理時に下腹部や腰が痛む症状で、痛み以外にも全身の倦怠感や憂鬱感などメンタル的な症状を含む場合があります。
生理痛には個人差があり、少し痛む程度から、毎回鎮痛剤を利用するほど重度の場合と様々です。
胃痛や食浴不振、下痢などの症状がある事もあり、生理の前から不快な症状に悩まされる人も少なくありません。
生理痛には様々な原因が考えられますが、痛みが少しの場合は冷えによる血行不良や、ストレスによってホルモンバランスが乱れているなどが考えられます。
この場合は、体を冷やさないようにすること、特に下半身を温めて血液の循環をスムーズにする事を心がける事が大事です。
ホルモンバランスの乱れも、体温調節機能の低下になる場合があると言われているので、気をつけてみましょう。

スポンサーリンク

その他、10代など若いの女性や子供を産んだ事がない場合、子宮の出口がせまく経血がスムーズに流れずに痛みを感じる事が多いようです。
この場合は30代以降になると生理痛が軽減する事があります。
また、生理中に分泌される「プロスタグランジン」という物質が過剰に分泌される事で、子宮の収縮が激しくなることも要因です。
日常生活が困難なほど激痛の場合や、今まで経験したことがないくらい痛いという場合は、病気が原因の事もあります。
まずは一度産婦人科に相談してみることをおすすめします。
生理痛が少し気になる程度であれば、あまり過剰に気にせずに、ストレスを軽減したりリラックスして過ごす事も大切です。
女性にとっては欠かす事の出来ない機能ですから、悩みに応じて改善策を見つけ生理とうまく付き合っていきましょう。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加