MENU

男性には分からない、生理痛の痛さを例えるならば?

スポンサーリンク

女性にとって一か月に一度は来る生理。
それに伴って起きる痛み、それが生理痛ですね。
男性には生理がないため、その痛さがどのくらいかと言われても、あまりピンとこないものだと思います。
デリケートな問題なので、あまり聞かれたりしませんが、仮に例えてみて、と言われてもなかなか難しいものです。
以前聞いた話では、子宮も内臓の一部であるため下痢の痛みと似たようなものであるそうです。
傷んだものを食べたときや緊張したときなどに起こる下痢。
その下痢の痛みが何時間も、ひどい人になると一日中あると想像してみてください。
それも一か月に一回それがきます。
かなりきついですよね。
なので、男性の方は彼女や同僚、女友達が生理痛で苦しんでいるのを見かけたら、是非優しくしてください。

スポンサーリンク

生理痛の痛みを例えてみて、と言われてもなかなか難しいものです。
出産の痛みは鼻からスイカを出すくらいの痛みと例えられるのをよく耳にしますが、生理痛の痛みはほとんど聞いたこともありません。
生理はほとんどの女性が経験するものであり、多くの女性が大小様々であれ、その痛みを経験したことがあるため、そのような会話が少ないのでしょうか。
男性は経験できないため、その痛みを想像することはかなり難しいと思います。
言うなれば、ずっと下痢をしているようなものでしょうか。
痛みが強いと、歩くことも会話することも出来なくなり、ひどい人になると気を失う人もいるという話も聞いたことがあります。
なので、男性の方には、生理痛で彼女がデートをドタキャンしたり、女性の先輩や同僚が仕事を休んでも、広い心で見守っていただけると有難いものです。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加