MENU

生理痛と、寝る前の漏れ防止方法

スポンサーリンク

生理痛は女性にとって、1度は経験したことがあると思います。
腹痛や腰痛、頭痛、吐き気、怠さ等、様々な症状のようです。
腹痛や腰痛が、あまりにも酷いときは病気が隠れていることがあるので病院を受診する事をおすすめします。
生理期間中、ずっと生理痛が続く事も、まれにあるようですが一般的には一日目から三日目が症状が現れやすい様です。
病院で鎮痛剤を処方してもらったり、お腹や腰を冷やさない事も解決策となるようです。
おすすめは、腹巻きです。
一年中、使えるアイテムなので、季節に応じて色んな素材を揃えておくと活躍します。
寒い時期は勿論ですが夏の暑い時期でも、冷え防止として巻くだけで安心です。
やはり、暑い時期は薄着になりやすく冷房が入っている場所が多くなりますスポンサーリンク

一日中、冷房の中にいると体が冷えきってしまいます。
腹痛や腰痛の原因にもなってしまう様です。
冬場は厚着になりやすく肩凝りや頭痛にも繋がりますが、腹巻きをして、カイロを中に入れて過ごすだけで冷え防止と腹痛や腰痛防止にもなります。
最近では、腹巻きにポケットが付いている物もあったり、カラフルなオシャレな物もあり、チラッと見えても恥ずかしくない物ばかりの様です。
寝る前の漏れ防止として、おすすめなのは、履くタイプのナプキンや最近では30センチ以上の長いナプキンも色んなメーカーから発売されているので、二重にしたり工夫されている方も多いようです。
寝る前は漏れないか心配になり中々、寝付けない方も多いようです。
この様な工夫で改善されると安心だと思いますスポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加