MENU

日常で寝込むほど生理痛がひどいときには

スポンサーリンク

生理痛は月経中に起こる下腹部、腰部の痛みの事をさします。
月経血が体外に排出される際の子宮の収縮が痛みを生み出すと言われており、生理痛に悩む女性はとても多いと言われています。
日常生活から考えられる原因としては、子宮の発達がまだ未熟な場合や、思春期や更年期のホルモンの分泌の変化、精神的なストレスや冷えなどによる血流の悪化など様々です。
その他にも、子宮内膜症や子宮筋腫、子宮腺筋症などの病気が原因である場合もあり、生理前の不快な症状があらわれる月経前症候群でも痛みを感じる事があります。
子宮内膜症などが原因の場合は、痛みの他に吐き気や嘔吐などの症状が見られ、不妊の原因になることもあります。
現在は内膜症や筋腫の疾患が年々増加しています。

スポンサーリンク

日常で出来る生理痛の対処法としては、体を温める事が有効と言われています。
足湯など、入浴を利用して温める、またはストレッチや腰回しなどの運動で体を温め、下半身の血流をよくする事も良いでしょう。
下半身を常に冷やさないように、ひざ掛けを常備する、カイロを当てるなど日常で生理痛を軽減出来る事は色々あります。
食事の面でも、ゴマやアーモンドなど血行をよくすると言われる食品を積極的に接種しましょう。
日常で寝込むほど辛い生理痛が続く場合は、一度は病院で診察を受けましょう。
放っておくと、その他の不調に繋がったり、精神的に生理が怖くなってしまったりと良い事はありません。
自分出来る事を試し、鎮痛剤などを上手に併用しながら生理痛を改善し、快適な日常生活を送りましょう。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加