MENU

生理痛の辛さを軽減するには

スポンサーリンク

生理痛は女性とはきってもきれない悩みです。
全く生理痛がないという羨ましい方もいますが、ほとんどの女性は軽度の差はあっても辛さが分かるのではないでしょうか。
症状としては、下腹部や腰に痛みがあり、ひどい場合は頭痛や貧血を伴い、吐き気がする事もあります。
鎮痛剤が効かないほど重度の場合、寝込んでしまったり日常生活にも支障をきたすほどです。
ひと月に一度その様な重い症状に悩まされるのですから、辛さを理解してくれる家族や仕事環境でないと生活がとても大変になります。
この様なひどい症状は月経困難症と呼ばれています。
痛みには個人さがあるので、普通の生理痛と月経困難症との線引きは難しいものですが、我慢をせずに一度は医師のもとを訪れる事が大事です。

スポンサーリンク

生理痛の原因は様々ですが、10代などの場合子宮口の未発達で収縮が強い事があげられますので、自然に治る場合があります。
その他、思春期や更年期のホルモンの分泌の変化、精神的なストレス、冷えが原因の血行不良などがあげられます。
痛みがひどい場合は、子宮内膜症や子宮筋腫、子宮腺筋症などの病気が原因の事もあります。
日常生活での改善方法としては、血流をよくする為に身体を日頃から温めること、痛みにきくツボを押す、鎮痛剤を利用するなどがあげられます。
あまりに痛みが辛い場合は、積極的に鎮痛剤を活用してみましょう。
痛くなる前に服用しておくことが大切です。
その他、運動や食事など出来る事はたくさんありますので、辛さを我慢せず周りに相談し、快適な日常生活を送りましょう。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加