MENU

【体験談】生理前の不快感と生理痛の不快感は長いです

スポンサーリンク

私は比較的生理痛は軽い方だと思っています。
それは生理痛により会社を休んだり、予定をキャンセルする程の事が今までなかったからです。
女性の中には生理1〜2日目には、起き上がる事も出来ない程の激痛に悩まされている方もいるそうです。
その様な方と比較すると、自分は軽い方だと思うのです。
しかしながら軽いとは言え、全く症状がないかと言えばそうではありません。
それなりに、毎月嫌な不快感を感じて過ごしています。
月によっては痛みを強く感じる月もあれば、逆に、痛みや不快感をほとんど感じず、いつの間にか終わっていたという月もありました。
症状はその月の身体のコンディションにより変わって来ます。
それだけ女性の身体はデリケートという事なのでしょうか。

スポンサーリンク

近頃よく感じる様になったのは、生理前症候群と呼ばれるものです。
生理1〜3日くらい前になると頭がボーッとしたり、もしくは今まで気にならなかった事で、妙にイライラしたりする症状が出ます。
この様な症状に陥ると、自分で自分の感情をコントロールする事が難しくなります。
ですから生理時に起こる身体の変化を理解出来ない男性、とりわけ夫と衝突しやすくなるのはこの時期です。
自分で自分の感情をコントロールする事が出来ないため、夫にはその症状を理解して貰う事が必要になって来ます。
生理痛は薬で痛みを抑える事が出来ますが、感情のコントロールは難しいので、どちらかと言うと生理痛よりも、生理前の方が私にとっては辛いかもしれません。
そう考えると、生理前の不快感と生理痛の不快感は長いものになります。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加