MENU

生理痛の女性への声かけ

スポンサーリンク

大切なパートナーが生理痛で苦しんでいる時、なんとか理解してあげたいと感じる男性は少なくないことでしょう。
男性には生理という機能はないので、女性が感じている生理痛の痛みを体験することは出来ませんが、どういった症状が生理中に現れるのか、どんな感覚の痛みに近いのか、ということを生理中ではないパートナーから直接聞くことで、なんとなくでも想像することが可能だと言えます。
同時に、生理痛がある時にはどういった対応をして欲しいのか、ということも一緒に尋ねておけば、痛みが理解出来なかったとしても、女性の体と心を労ることが出来ます。
また、体と心をを労るという意味では、生理中の声かけというのもとても大切な要素です。

スポンサーリンク

生理は病気ではないのだから体を動かしなさい、生理痛程度でガマン出来ないのはおかしいといった言葉はあまり良くありません。
男性は身近にいる女性や自分の母親の生理痛の感じ方を、万人の女性に当てはめて、どの女性も同じような痛みを感じているはずだと勘違いしてしまう傾向がありますが、生理痛というものは女性によって痛みの強さも感じ方も、痛みが現れやすいタイミングというものもバラバラです。
生理中は神経が敏感になり、不安感を感じたり傷付きやすくなっている女性も多いので、例え悪気が無かったとしてもデリカシーのない言葉による声かけは避けるようにしましょう。
難しい言葉ではなくとも、優しい言葉で接してあげることで、女性は安心感を感じます。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加